Wisteria Home

Wisteria Senior Health and Housing Society

ウィステリア・シニアホーム協会

From 2013 to 2016 the temple had a ’20/20 committee’ to decide what to do with the land at the back of the Temple. In 2016 the Temple members voted to develop a senior housing project on the land, and so WSHHS was created, to own and manage the new facility.

It took three more years of meetings once a week or more to work out a detailed plan, obtain all City approvals and permits, secure funding through BC Housing and find a company that will operate the facility.

As of July 2019 construction has started, and completion will take about 18 months, so the Senior Home should open in early 2021. During this time, a name will be chosen for the home,  some marketing materials will be developed and a display suite may be ready.  Also there will be renovations of the existing Temple as part of this project.

We thank all members for their support during this long process, and hope the upcoming construction and renovations will not be too much of an inconvenience. We are very exited that this project is now becoming a reality, as it will allow us to support and build the Community, and sustain our Temple well into the future.

Sincerely, WSHHS and SBT Boards.

2013年から2016年までお寺に「20/20委員会」があり、お寺の裏の敷地の使用法を考えてきましたが、そこにシニアホームを建設することが2016年の会員投票により決定されました。そしてそれに基づきWSHHS (Wisteria Senior Health and Housing Society) が設立され、それが新しい施設を所有することになりました。

さらに3年をかけて、毎週1回以上の会議で詳細を練り、リッチモンド市の承認と許可をもらい、BCハウジングから資金を確保し、施設を運営する会社を探しました。

2019年7月現在工事は始まっており、完成までに約18か月かかるので、2021年の初めには開館する予定です。それまでにホームの名前を決め、マーケティングの資料を作り、ショールームも出来ると思います。同時に、このプロジェクトの一環としてお寺の建物の改装も行われます。

この長期間にわたる計画を支えて下さった皆様方に感謝すると同時に、これからの建設や改装が皆様にあまりご迷惑をおかけしませんようにと願っています。このプロジェクトがこうして現実となり、地域の支援と発展に貢献し、お寺を将来にわたり維持することが出来るようになり喜びと感謝の念を禁じえません。皆様、どうもありがとうございました。

WSHHSならびにスティーブストン仏教会理事会